あっぷる通信

気づかぬうちにお肌がカサカサ?

2009年6月18日

 ジメジメと蒸し暑い日は結構な量の汗をかいています。そのため、真夏に滝のような汗をかく時とは違い、体がカラカラになっていることに気づきにくいもの。また、冷房が利いた部屋で一日中過ごす人も体内乾燥注意報です。

 排泄やその他の生理的な水分の蒸発を考えると、人は毎日16002000mlの水分を口から補給しないといけないそうです。とはいっても、2ℓの水を一度に飲み干せばいいというものではありません。急激に多量の水を飲むと、胃液が薄まって胃に負担がかかります。また、体内の水分を処理する腎臓にも負担がかかり、むくみや倦怠感など辛い症状に陥ることもあります。一回あたり200mlずつ、口の中で噛むようにゆっくりと飲みましょう。

 0906.gif
 人の体はデリケートで、体中の水分が5%多すぎても少なすぎても異常が現れるといいます。寝起き、食事時、3時のおやつ、お風呂に入る前後などに分けて、こまめな水分補給を心がけましょう。