あっぷる通信

室外機は日陰に置く?

2009年8月19日

 エアコンの取り扱い説明書には、「室外機は風通しの良い場所に」とありますね。室外機を暑い所に設置すると、熱交換がうまくいかず冷房効率が悪くなると言われ、設置場所に日陰を作ってなるべく涼しくする工夫をしているご家庭もあるようです。そのための裏ワザとしてよしずを立てかける方法を耳にしますが、実は逆効果になることが多いのだそうです。

 室外機の役目は、熱を持った空気を外へ排出すること。しかし、室外機の前によしずを立てかけると、せっかく吐き出した熱風がよしずにさえぎられてしまいます。それでは冷房効率が良くなるどころか、機内に熱がこもってコンプレッサーが故障してしまいます。実際、放熱異常による室外機の故障は少なくないそうです。
 室外機は屋外に置くものなので、もともと強い日差しを想定した上で製造されています。スムーズな熱交換のために大事なのは、設置場所が「日陰」であるかよりも「風通し」が良いかどうか。我が家の室外機の設置環境をもう一度見直してみませんか。 shitugaiki.gif